約束

一生の宝物婚約指輪

婚約指輪と言葉ではよく聞きますが、その実結婚指輪と区別がついていない人も結構いるのでは?
まず分かりやすい結婚指輪から説明しましょう。

結婚指輪というのは、結婚し夫婦となった二人がその誓いの証として交換する指輪のことで、マリッジリングとも呼ばれています。
結婚後に毎日つける指輪ですから、プラチナやシルバーでできたシンプルなデザインで、馴染みやすいものを選ぶという方が多いです。

では婚約指輪はというと、これは結婚の約束をしましたよ、という証のために男性が女性に贈る指輪です。
エンゲージリングなどとも呼ばれています。

一般に結婚指輪よりも華やかなデザインのものが選ばれるということが多く、宝石やパールなどの装飾のあるものが人気です。
宝石はダイヤモンドがやはりダントツの一番人気!ですが、特別に決まりはありませんので、誕生石を選んだり、好きな色で選んだりといったことももちろんあります。
婚約指輪は結婚の約束をしました、という証になる指輪ですから、通常のプレゼントとは全く意味合いが異なってきます。
この指輪があることで「あぁ、結婚するんだな」という気持ちがしっかりと根付くということもありますから、ぜひとも用意しておきたいものです。

とはいっても、一体どのタイミングで指輪を贈るのが正解なのでしょうか。
映画やドラマなどのシーンでよく見かけるのはプロポーズのタイミングですが、必ずしもプロポーズの時でなければいけないということもありません。
最近ではプロポーズ後にカップルで一緒に選びに行くという方も多いそうです。

確かに、女性側からすると自分好みの婚約指輪を身につけることができますから合理的かもしれません。
しかし、サプライズ感やイベント感もやはり欲しいところ。
そんな場合には、両家の親族の顔合わせの席などで贈るというのがおすすめです。

伝統的な結納をする家族は減少傾向ですが、食事会をするといったことはやはりされているそうです。
その席で挨拶を兼ねて贈るというのもステキな演出ですよね。
こちらにはオーダーメイドの婚約指輪について等詳しく掲載されています。